(ブルームバーグ): 外国人が住みたい、働きたい国のランキングで、スイスがシンガポールを抜いて1位になった。HSBCホールディングスが4日公表した調査が示した。

  スイスは高い収入が得られる可能性と安定性で最高点を得て昨年の8位から急浮上した。スイスの平均給料は11万1587ドル(約1200万円)と、調査対象33カ国・地域の中央値(7万5966ドル)より47%高い。

  4年連続でトップだったシンガポールは2位に後退。スペインは9つ順位を上げて4位となった。生活の質と心身ともに健康に過ごせるというカテゴリーで1位だった。

  一方、英国は欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が響き7つ順位を落として27位。経済的、政治的安定の両カテゴリーで下から3番目までに入っていた。英国に赴任する外国人にとっての救いとして、達成感のカテゴリーで1位、キャリアの進展で4位だった。

©2019 Bloomberg L.P.