(ブルームバーグ): 英国の7月のインフレ率は市場予想に反して上昇した。コンピューターゲーム価格と宿泊費の上昇が影響した。

  英政府統計局(ONS)が14日発表した7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比2.1%上昇。英金融当局が目指す2%を上回った。エコノミスト予想は1.9%への低下だった。前月のインフレ率は2%。食品・エネルギーを除くコア指数は前年同月比1.9%上昇と、市場予想の1.8%を上回る上昇となった。

  イングランド銀行(中央銀行)は英国の欧州連合(EU)離脱が決着するまで政策金利を据え置くとみられており、今回の統計内容が政策決定に影響を及ぼす可能性は低い。エコノミストらは合意なく離脱した場合には中銀が利下げするとみている。

©2019 Bloomberg L.P.