(ブルームバーグ): トランプ米大統領は18日、米国による対イラン制裁の強化を求めると表明した。ポンペオ国務長官はサウジアラビアに到着し、週末のサウジ石油施設への攻撃問題について同国首脳と対応を協議している。

  トランプ大統領はロサンゼルスで「われわれは極めて重大な制裁を加える」と述べ、向こう48時間以内に新たな制裁を発表すると語った。

  トランプ大統領は18日午前のツイートでも、対イラン追加制裁を科すとコメントしていた。その数時間後にサウジのジッダに到着したポンペオ国務長官は、サウジのムハンマド皇太子と会談し、「イランの継続的脅威に対抗するため国際社会が結束する必要性を議論し」、イランに攻撃的かつ無謀で脅迫的な行動の責任を取らせねばならないとの認識で一致した。国務省のオルタガス報道官が声明で明らかにした。

  同報道官はさらに、今回の事件が「サウジの国家安全保障を脅かすだけでなく、サウジに居住し働く全ての米国民の命と世界のエネルギー供給全般をも危険にさらす、容認できない前例のない攻撃だった」とポンペオ長官と皇太子が共に受け止めていると述べた。

©2019 Bloomberg L.P.