(ブルームバーグ): 中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)は米市場向けのビデオゲーム制作で任天堂との提携拡大を望んでいる。ダウ・ジョーンズ通信(DJ)が伝えた。

  中国ではスマートフォン向けのさまざまなゲームを提供し独占的な地位にあるテンセントだが、複数の同社関係者がDJに語ったところでは、任天堂との協業拡充などで海外事業を拡大したい考えだ。

  DJによると、テンセントは任天堂のキャラクターが登場するコンソールゲーム制作を増やし、「任天堂の技術者からコンソールゲーム制作のエッセンスを習得する」ことを望んでいると同関係者は述べている。任天堂はDJに対しコメントを控えた。

  4月には、中国当局が「NewスーパーマリオブラザーズUデラックス」のテスト版の国内販売をテンセントに認めたことを受け、同社と任天堂の株価は急伸した。ブルームバーグはテンセントと株式会社ポケモンがゲームの共同制作で合意したと7月に報じている。

©2019 Bloomberg L.P.