(ブルームバーグ): 中国が最近実施した仮想通貨取り締まりの影響が既に出始めている。

  中国当局は仮想通貨取引を巡る対策の一環として警告や通知を相次いで出しており、少なくとも5つの国内の仮想通貨交換業者が今月、営業を停止したか国内利用者へのサービス提供をやめると発表した。

  中国が取り締まり強化に動いたのは、習近平国家主席がブロックチェーン技術への政府支援の方針を打ち出し熱狂的な動きに火を付けてからわずか数週間後のことだ。

  中国人民銀行(中銀)など金融当局は過熱気味の市場に歯止めをかけようと、ここ数週間に複数の仮想通貨交換業者に事業閉鎖を命じ、投資家には仮想通貨に慎重になるよう警告した。中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」は大手交換業者バイナンス・ホールディングスやブロックチェーンのプラットフォーム「トロン」が運営するアカウントを停止している。

©2019 Bloomberg L.P.