(ブルームバーグ): 欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル上昇、円下落―トランプ氏発言で中東懸念が後退

  8日のニューヨーク外国為替市場ではドルが値上がり。トランプ米大統領が声明で、イランは「行動を抑制している」ようだと述べたことを受けて米国株が最高値圏に上昇。ドルも堅調を維持した。一方、逃避需要の後退から円とスイス・フランは主要通貨の大半に対して下落した。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上昇ドル指数は午後、この日の高値付近で推移−欧州時間には同程度の幅で下げていたトランプ大統領は、イランに追加制裁を科す方針を表明した一方で、外交による解決の可能性も示したイランは8日未明にイラク国内2カ所の米軍基地に十数発の精密誘導ミサイルを発射。事情に詳しい関係者によると、攻撃で標的となったのは基地の中でも人的被害が発生する可能性の低い部分だったと、米国防総省は分析した円はドルに対して12月半ば以降で最大の下げ。アジア時間には、イランによるミサイル攻撃を受けて一時0.7%高となる場面もあった。旅客機がイランの空港から離陸した直後に墜落したとの報道も市場の懸念材料となったニューヨーク時間午後4時半現在、ドルは対円で0.6%高の1ドル=109円12銭−アジア時間には一時107円65銭と、10月10日以来の安値を付けたユーロは軟調、ドイツの製造業受注指数は予想外に低下したユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.1109ドルポンドは0.2%安−英国の欧州連合(EU)離脱関連法案は、下院での審議を経て週内に通過する見通し

◎米国株・国債・商品:株が反発、原油安い−イラン巡る緊張残る

  8日の米金融市場では株式が反発し、国債が続落。トランプ米大統領はイランに対し強硬な姿勢を強めなかった。取引終盤にはバグダッドで新たなロケット弾攻撃があったとの報道で緊張が高まり、株式は日中高値を大きく下回って引けた。

  トランプ米大統領がイランに対する追加の武力行使を示唆しなかったことから、S&P500種株価指数は日中高値をつけた。遅い時間にはバグダッドの旧米軍管理領域(グリーンゾーン)にロケット弾数発が撃ち込まれたと伝わり、伸び悩んだ。

  S&P500種株価指数は前日比0.5%高の3253.05。ダウ工業株30種平均は161.41ドル(0.6%)高の28745.09ドル。ナスダック総合指数は0.7%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.87%。

  ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティチュートのシニア・グローバル・マーケット・ストラテジスト、サミーア・サマナ氏は「地政学的リスクは残り、一時的な変動要因となる一方、現在の状況が投資見通しの変更を正当化するとは考えない」と語った。

  ニューヨーク原油先物相場は続落。3カ月ぶりの大幅安で、イラン司令官殺害の後の上昇分が消えた。トランプ大統領は声明で、米軍駐留基地に対するイランの攻撃に慎重に対応する姿勢を示した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は3.09ドル(4.9%)安の1バレル=59.61ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は2.83ドル安の65.44ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。アジア時間には1600ドルの大台を突破する場面があったが、イランは「行動を抑制している様子だ」とトランプ大統領が述べ、両国の対立が悪化するとの懸念が和らいだ。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.9%安の1オンス=1560.20ドルで終了。前日までは10営業日続伸していた。

Oil Drops Below $60 After Trump Downplays Iran Missile Attacks(抜粋)

Gold Declines After Trump’s Comments on Iran Ease War Tensions(抜粋)

◎欧州債:ドイツ、アイルランド債下落−国債入札が手掛かり

  8日の欧州債市場では、ドイツ債とアイルランド債が下げをけん引した。国債入札が手掛かりとなった。英国債は変わらず。ジョンソン英首相と欧州委員会のフォンデアライエン委員長は初協議に臨む。

ドイツ債はベアスティープ化。新発10年債の需要は2018年10月以来の弱さだったイタリア債は小幅安。スペインは9日に国債入札を実施する英国債はほぼ変わらず。イールドカーブはスティープ化したドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げてマイナス0.22%、英10年債利回りは0.79%で変わらず。イタリア10年債利回りは2bp上昇の1.40%ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します)

©2020 Bloomberg L.P.