(ブルームバーグ): 米アップルのサプライヤーは今年2月に新たな低価格の「iPhone(アイフォーン)」の組み立てを開始する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  アップルの計画に詳しい関係者1人によると、同社は3月にも新型アイフォーンを正式に発表する見通し。新モデルの組み立て作業は鴻海精密工業と和碩聯合科技(ペガトロン)、緯創資通(ウィストロン)で分担するという。

  新モデルは「アイフォーンSE」以来の低価格機種となる。ブルームバーグ・ニュースの以前の報道によると、新型モデルは2017年発売の「アイフォーン8」と似た外観で、画面は4.7インチとなる。アイフォーン8はまだ販売されており、価格は449ドル(約4万9300円)。アップルは16年にSEを399ドルで発売していた。

  新モデルはホームボタンにタッチIDを組み込む見通しで、顔認証は採用しないが、現行モデル「アイフォーン11」と同じプロセッサーを搭載する。

  アップルの広報担当はコメントを控えた。

©2020 Bloomberg L.P.