(ブルームバーグ): アップルは「iPhone(アイフォーン)」の予想以上の需要に対応し、台湾積体電路製造(TSMC)に今四半期のAシリーズプロセッサーの増産を要請した。同社の計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  アイフォーンの「11」と「11 Pro(プロ)」は昨年秋の発売から好評で、中国での販売が特に力強く、18年発売モデルよりも売れ行き好調。次世代通信規格5Gに対応していないものの、アイフォーン需要は市場やアップルの予想を上回っており、同社は最新モデルの増産を組み立ての提携先に要請している。

  液晶画面を採用した最も手頃な機種の11は特に需要増加のけん引役だと関係者1人は話した。

  現行モデルの人気に加え、低価格モデル「アイフォーンSE」の後継機の投入を控えてアップルとTSMCとのビジネスは拡大する見込みだ。ブルームバーグ・ニュースの報道によると、低価格モデルの新機種は2月に量産を開始し、3月にも正式発表の見通し。この機種は11と同じプロセッサーを搭載する。

  TSMCの広報担当は社は特定の顧客とのビジネスについてコメントしないと発言。アップルの広報担当者はコメントを控えた。

(関係者の話を追加して更新します)

©2020 Bloomberg L.P.