(ブルームバーグ): フランスの自動車メーカー、ルノーは年間配当を減らした。2019年決算は売上高が減少、利益は市場予想を下回った。アライアンスを組む日産自動車は期末配当ゼロを13日に発表。同社株43%を保有するルノーの配当支払いに影響している。

  ルノーは14日、19年の配当を1株当たり1.10ユーロにすると発表。従来の3分の1未満となる。営業利益は前年比30%減の21億1000万ユーロ(約2510億円)。アナリスト予想平均は26億5000万ユーロだった。

  20年の売上高は為替変動を除くベースで19年並みを見込む。グループ全体の営業利益率見通しは3ー4%。ルノーは昨年10月、19年の売上高および利益見通しを下方修正し、排ガス規制強化がコストを押し上げる一方で、景気鈍化が自動車販売を主要市場で抑えていると指摘した。 

  日産の業績悪化もルノーに打撃となっている。日産のルノーへの貢献額は19年で2億4200万ユーロと、前年の15億1000万ユーロから減少した。  

©2020 Bloomberg L.P.