(ブルームバーグ): セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下のセブンーイレブン・ジャパンは8日、フランチャイズ加盟店「セブン−イレブン山梨上石森店」に勤務する従業員が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。

  同店舗は当面休業し消毒と清掃を実施する方針で、勤務する全従業員の出勤を停止したとしている。営業再開の時期については、従業員やオーナーの安全を最優先し、行政と連携し確認の上で決定するとしている。

©2020 Bloomberg L.P.