(ブルームバーグ): 電気自動車(EV)メーカー、米テスラの中国での出荷台数が3月に急増した。新型コロナウイルス感染拡大のため一時的に操業を取りやめていた上海工場で生産を増やした。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)の崔東樹秘書長(事務局長)は9日のオンライン記者会見で、先月のテスラ出荷台数(卸売りベース)が1万160台と、2月の倍余りに増えたと述べた。3月の中国全体でのEV引き渡しは約4万7000台だとも説明した。

  月間データについて、テスラの担当者はコメントを控えた。

©2020 Bloomberg L.P.