(ブルームバーグ): 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は照明やスマートホーム製品を含む消費者向け事業を、オートメーション製品を手掛ける米サバント・システムズに売却する。これにより、創業者トーマス・エジソンが残したレガシーとして存在感の大きい電球事業との接点はなくなる。

  両社の27日発表によると、同事業の人員700人超はサバントに移管される。売却完了は2020年半ばを見込むとしたが、合意の条件は明らかにしなかった。

  GEのラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)は発表文で、照明部門の売却はGEが「より的を絞った工業企業にシフトする上での重要なステップだ」と述べた。

  27日の米市場でGE株は一時9.3%高となった。

  GE照明事業のルーツは、トーマス・エジソンが初めて商業的に実用可能な白熱電球を発明した1879年にさかのぼる。電球は創業以来、GEという企業アイデンティティーの中心部分を占めていた。

GE Agrees to Sell Lighting Business to Savant, No Terms (2)(抜粋)

©2020 Bloomberg L.P.