(ブルームバーグ): 中国外務省の趙立堅報道官は1日、トランプ米大統領が香港に認めていた貿易上の優遇措置撤回に動いていることを受け、米国が米中関係を損ねていると批判し、香港情勢を巡る米国の発言は「事実を無視」したものだと反発した。

  趙報道官は北京での記者会見で「米指導部の中国への主張は事実を全く無視している。米国が発表した措置は中国の内政にひどく干渉するものであり、両国関係を損ねるだけでなく、双方にとって有害となる。中国は断固反対する」と発言。「米国による中国の利益を損ねる一切の言動は、徹底した報復を受けることになる」と話した。

  同報道官はまた、トランプ米大統領が決定した世界保健機関(WHO)の脱退も非難し、米国の行動は「自己中心的で無責任」だと述べ、米国は「常習的な離脱者だ」と批判した。

  

  

©2020 Bloomberg L.P.