(ブルームバーグ): 米ギリアド・サイエンシズが、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の中等症患者を対象に実施した抗ウイルス薬レムデシビルの大規模な臨床試験で、効果が限定的なものにとどまったことが分かった。

  同社の発表資料によると、病状が中程度の患者グループを対象にした第3相試験で、レムデシビルを5日間投与された入院患者は、標準的な治療を受けた患者と比較し、わずかな改善が見られた。だが、10日間投与された別のグループでは統計的な有意性が示されなかった。この結果を受け、より長期間の投与でなぜ効果が高まらないのかという疑問を引き起こしそうだ。今回の臨床試験では、重症患者は対象になっていない。

  1日午前の米株式市場で、ギリアド株は下落。一時4.4%安となった。

©2020 Bloomberg L.P.