(ブルームバーグ): 米連邦公開市場委員会(FOMC)は28、29 両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0−0.25%で据え置くことを決定した。新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)からの回復が安定しない中、米経済を支援するためにあらゆる手段を活用するとあらためて表明した。

  米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、今の経済低迷が「われわれが経験したことのない」厳しさだとの認識を示した。議長は声明発表後の記者会見で、「経済の今後の道筋は極めて不透明であり、大部分はウイルスを抑制できるかどうかに左右される」と指摘。「実際、ここ数週間は感染者数の増加と、それを抑制する措置が再度講じられていることが、経済活動の重しとなり始めている兆しが見られる」と述べた。

FOMC声明:経済と雇用は幾分持ち直し、年初水準はかなり下回る

  今回の声明でも前回に続き、パンデミックが「中期的に経済見通しに重大なリスクをもたらす」とし、「経済が最近の出来事を乗り切り、最大限の雇用と物価安定の目標を達成する軌道にあると委員会が確信するようになるまで」、FF金利をゼロ付近で維持すると記された。

  パウエル議長は、経済の全てのセクターが軟化しつつあるわけではないとし、特に住宅は明るい分野だと指摘した。ただし「ならしてみると、データは回復ペースの鈍化を示しているようだ」とも述べた。一方、景気軟化の度合いや期間について語るのは時期尚早だとも述べた。

  また景気回復には金融・財政政策の両面からの支援が必要だと指摘。議会とトランプ政権による新たな景気対策の交渉に言及した。「議会は新たな包括的景気対策について協議を続けており、これは良いことだ」と述べ、「この状況では財政政策が不可欠だ」と加えた。

  FF金利誘導目標レンジの据え置き決定は、全会一致だった。FOMCは「今後数カ月にわたって、財務省証券と政府支援機関(GSE)保証付きの住宅ローン担保証券(RMBS)・商業用不動産ローン担保証券(CMBS)の保有を少なくとも現行ペースで増やす」とも表明した。

  FOMCは同時に発表した別の声明で、ドル流動性スワップラインと、外国の中央銀行にドルを供給する暫定的なレポファシリティーを2021年3月31日まで延長したと発表した。

(パウエル議長の発言を追加し、更新します)

©2020 Bloomberg L.P.