(ブルームバーグ): 香港警察は29日遅く、香港国家安全維持法(国安法)に違反した疑いで16−21歳の男女4人を逮捕したことをツイートで明らかにした。香港の独立を主張し国の分裂をあおったとしている。

  香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は、香港の独立を求める団体「学生動源」の鍾翰林元代表が29日夜に警察に連行されたと、同団体のフェイスブックへの投稿を引用して報道。学生動源の中心メンバー少なくとも3人が逮捕された。

  SCMPによれば、6月30日の国安法施行後、警察の捜査に基づき同法が適用されたのは初めて。これまでの逮捕者は、抗議活動の現場で独立を支持するスローガンを叫んだり、旗を掲げたりするなどをした抗議参加者だった。

©2020 Bloomberg L.P.