(ブルームバーグ): パーティーでのどんちゃん騒ぎと全米の新型コロナウイルス感染者の増加を受け、ニュージャージー(NJ)州は屋内で人々が集まることのできる人数の上限を引き下げた。ニューヨーク(NY)州は社会的距離を置く措置の強化を呼び掛け、さもなければ米国で最初に新型コロナが流行した地域での感染が再燃する恐れがあると警告した。

  NJ州のマーフィー知事は一連のホームパーティーで100件近い感染につながった事態を踏まえ、屋内で集まる人数の上限を75%減らし25人とした。同州のウイルス感染率は4月以来最高に跳ね上がっている。

  NY州では、乗客170人を乗せてマンハッタン周辺をクルーズしたパーティーボートや、ブルックリンのコジオスコ橋の下で数百人が参加したダンスパーティーなど社会的距離ルールを無視した集まりが国内にウイルス感染を再燃させることにつながるとクオモ知事は警告した。 ウイルス封じ込め命令に従わなかったとして検査官が週末に飲食店やバーに違反を通告した件数は106件に上った。

  米国の新規感染者数の増加率は1%未満と、過去1週間の平均の1.4%を下回っているものの、3月や4月に感染が最も拡大した複数の州が警戒感を抱いている。これらの州はコネティカット州に追随し、トラブルゾーンとみなす約36州からの訪問者に自主隔離を要請。学校再開時期が近づく中で慎重なアプローチをとっている。

  テキサス州ヒューストンのターナー市長は、マスクを着用していない人に対して警告書や出頭命令を出し始めるよう警察当局に指示した。

©2020 Bloomberg L.P.