(ブルームバーグ): 米民主党全国党大会3日目の19日、カマラ・ハリス上院議員が2020年大統領選の同党副大統領候補の正式指名を受諾した。

  ハリス氏は「人種差別主義にワクチンは存在せず、われわれがその仕事をしなければならない。全ての国民を一つにまとめる大統領を米国は必要としている」と述べ、民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領の下での結束を訴えた。

©2020 Bloomberg L.P.