(ブルームバーグ): トランプ米大統領が所有する「トランプ・オーガニゼーション」が条件の良い融資を得るなどの目的で、保有資産の価値を水増しした疑いがあるとして、ニューヨーク州司法長官は捜査している。ニューヨーク州は24日、この件に関する召喚状の執行を求めてマンハッタンの州裁判所に提訴した。

  トランプ氏の元顧問弁護士であるマイケル・コーエン受刑者がトランプ・オーガニゼーションでの仕事について議会で証言し、2011年から13年までの財務記録を提出した後に、同州は捜査を開始した。レティシア・ジェームズ司法長官室が裁判所に提出した文書で明らかになった。トランプ氏は一方で、税金を逃れる目的で、他の資産の価値を過少報告した疑いがあり、この点も捜査しているという。

©2020 Bloomberg L.P.