(ブルームバーグ): アメリカン航空グループは米政府の金融支援策活用で、融資枠54億8000万ドル(約5800億円)を設定することで財務省と合意した。旅客需要が戻り始めるまで、事業運営に充てる資金を厚くする。

  アメリカン航空の融資枠は当初の47億5000万ドルから増額された。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた航空会社向けに米政府は金融支援策を設けたが、デルタ航空やサウスウエスト航空がこの支援策を使わない選択をしたことから、支援資金が再配分された。

  25日の届け出によれば、資金配分が来月再び調整される際、アメリカン航空の融資枠はさらに最大20億ドル拡大する可能性がある。

©2020 Bloomberg L.P.