(ブルームバーグ): ジョンソン首相率いる英与党保守党は、数カ月ぶりに最大野党・労働党に世論調査でリードを許した。約半数が政府の新型コロナウイルス危機対応を評価しないと回答した。

  英日曜紙オブザーバーの委託でオピニウムが実施した世論調査の結果によると、キア・スターマー党首率いる労働党の支持率が3ポイント上昇の42%だったのに対し、保守党は3ポイント低下の39%。政府がロックダウン(都市封鎖)を実施した直後の3月末には、保守党の支持率は54%だった。保守党は昨年12月の総選挙で大勝している。

  ロンドンの中心部では26日、新型コロナ感染再拡大に伴う政府の制限措置拡大に反対する抗議デモが行われ、数千人が参加した。

©2020 Bloomberg L.P.