(ブルームバーグ): 13日の米株式相場は反落。前日までの相場上昇は追加経済対策協議の速やかな進展を過度に織り込んでいたとの見方が強まった。米国債は大幅高。

  JPモルガン・チェースやシティグループなどの銀行株が売られ、S&P500種株価指数を押し下げた。投資家の間では、両行の7−9月(第3四半期)決算は不良債権による悪影響が一時的に和らいだことを示したにすぎないとの懸念が広がった。

  新型コロナウイルス感染症(COVID19)抗体治療薬の臨床試験で被験者の登録を停止したことを明らかにしたイーライリリーは急落。この発表の前にはジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がコロナワクチン臨床試験の中断を明らかにしていた。新型「iPhone(アイフォーン)」を発表したアップルも反落した。

  S&P500種は前日比0.6%安の3511.93。ダウ工業株30種平均は157.71ドル(0.6%)安の28679.81ドル。ナスダック総合指数は0.1%低下。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.73%。

  米経済対策を巡る動きでは、民主党のペロシ下院議長が最新の政権案の修正を求めたのに対し、共和党のマコネル上院院内総務はより小規模の対策を推進。しかし、トランプ大統領さえも追加経済対策を「やるからには大きくやれ!」とツイートするなど否定的な声が上がった。

米大統領と共和党に亀裂、経済対策で−下院議長は政権案修正要求 (1)

  外国為替市場ではポンドとユーロが急落。英国と欧州連合(EU)の通商交渉は週内に節目となる期限が迫るが、合意に向けた歩み寄りは見られていない。英国と欧州大陸で新型コロナ感染者増加に歯止めがかかっていないことも材料視された。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%上昇。ドルは対円で0.1%高の1ドル=105円48銭。ユーロは対ドルで0.6%安の1ユーロ=1.1746ドル。ポンドは1%安の1ポンド=1.2937ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。中国の原油輸入増加を示すデータが需要面の明るい材料と受け取められた。ただ米経済対策協議を巡る不透明感から上値は抑えられた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は77セント(2%)高の1バレル=40.20ドル。ロンドンICEの北海ブレント12月限は73セント上げて42.45ドル。

  ニューヨーク金スポット価格は続落。ドルの上昇で金の妙味が低下した。新型コロナワクチンの治験停滞の報道や米経済対策協議の行き詰まりを受け、この日は安全資産としてドルが買われた。

  ニューヨーク時間午後1時48分現在、金スポットは1.7%安の1オンス=1890.66ドル。先物も反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は1.8%安の1894.60ドル。

Cable Pummeled as Brexit Deadline Nears, Cases Jump: Inside G-10(抜粋)

Oil Rises With Robust China Crude Imports Lifting Demand View(抜粋)

Gold Rally Stymied Again as Investors Find Haven in the Dollar(抜粋)

(経済対策協議についての情報を追加、相場を更新します)

©2020 Bloomberg L.P.