(ブルームバーグ): 中国国際金融(CICC)は2日、上海への重複上場を果たし、取引初日で株価が急騰した。同社はアント・グループが進める新規株式公開(IPO)の共同主幹事を務める。

  CICCの株価は一時、値幅制限いっぱいの44%高となった。同社は香港にも上場しており、香港のCICC株も一時5.2%高。北京に本社を置くCICCは、アントの中国本土IPOで共同リードスポンサーに起用された。

アント株IPOに個人投資家殺到−少なくとも313兆円相当の応募

  ブルームバーグの集計データによれば、CICCの上海IPOは132億元(約2070億円)相当と、中国で今年4番目の規模。

©2020 Bloomberg L.P.