(ブルームバーグ): 中国アリババグループの共同創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は、傘下アント・グループの新規株式公開(IPO)でアジア一の富豪になる見通しだった。しかし、アントの上場延期を受け、同氏の純資産は約30億ドル(約3100億円)目減りした。アント株の上場初日の大幅上昇を見込んでいた個人・機関投資家も中途半端な状態に陥っている。

  アントが上海と香港での上場延期を明らかにしたことを受け、3日のニューヨーク市場でアリババの米国預託証券(ADR)は8.1%安と、2015年1月以来の大幅な下げとなった。香港上場のアリババ株は4日午前の取引で一時9.3%値下がりした。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、マー氏の資産は約580億ドルとなった。

©2020 Bloomberg L.P.