(ブルームバーグ): トランプ大統領は、アフガニスタンとイラクに駐留する米軍の規模をそれぞれ2500人に減らすことを命じた。大統領は「終わりなき戦い」からの撤退という長年の公約を来年1月の退陣までに前進させようとしている。

  ミラー国防長官代行が17日、国防総省でこの決定を発表した。現在、アフガンには約4500人、イラクには約3000人の米兵が駐留している。削減の期限は来年1月15日で、バイデン次期米大統領が就任する5日前となる。

  今月のエスパー国防長官更迭を受けて職務を引き継いだミラー長官代行は、長期間に及ぶこの戦争を終わらせ、米兵を帰国させると記者団に語った。ただ質問は受け付けず、声明を読み上げた後に退席した。

  その数分後にオブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)はホワイトハウスで、トランプ大統領は5月までの完全撤退を望んでいると説明した。

  こうした動きはトランプ大統領の選挙公約履行を後押しするものだが、既に正式発表前の段階でマコネル共和党上院院内総務を含む超党派から批判が噴出。北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長も発表前に、「協調しない形またはあまりにも早期の撤退は、相当大きな代償をもたらす恐れがある」と警告していた。

©2020 Bloomberg L.P.