(ブルームバーグ): ドイツの鉄鋼・工業製品メーカー、ティッセンクルップは従業員の約10%に相当する1万1000人を削減する。鉄鋼事業の低迷で資金繰りの悪化も続き、同社を救済すべきかドイツ政府内の意見は割れている。

  ティッセンクルップの19日発表によると、2020年9月期通期で55億ユーロ(約6773億円)の純損失を計上。計画していた人員削減の規模を当初からほぼ倍増させた。今年度も10億ユーロ超の赤字を見込んでいる。

©2020 Bloomberg L.P.