(ブルームバーグ): 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は25日、中国本土との関係強化を続ける方針を表明した。中国による統制強化を擁護するとともに、本土との経済関係を強める新たな措置も打ち出した。

  林鄭長官は施政方針演説に当たる年次の施政報告で、「今回の報告の第一の目的はできるだけ早く香港を難局から脱却させ、市民の信頼を取り戻す方法を探ることだ」と説明。冒頭では習近平国家主席の香港に関するビジョンに言及した。

  同長官は香港経済が「中国本土との近さや『一国二制度』原則下での中央政府の長期にわたる支援から」恩恵を受けることができると主張。中国との関係によって香港の経済発展には新たに弾みがつくと述べた。

香港、中国本土とのストックコネクトプログラムの範囲拡大へ

  民主派の抗議活動については中国は「介入し行動を起こすほかなかった」と語った。施政報告は中国共産党指導部との相談のため延期されていた。

©2020 Bloomberg L.P.