(ブルームバーグ): 1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米国で新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンを接種した人は100万人を超えているが、ペースは予想より遅いとトランプ政権の「ワープ・スピード作戦」責任者、モンセフ・スラウイ氏が指摘した。

  スラウイ氏は23日の電話会見で、人々にワクチン接種を受けさせる取り組みは自分が想定していたほど迅速に進んでいないと述べ、「これを適切に加速させるため、われわれは各州を支援する」とした。

  ブルームバーグが州ごとの統計をまとめたデータによれば、米国ではこれまでに112万人が接種を受けた。ワクチン配布のペースに対し、接種が大幅に遅れている。

  米国では467万回分のワクチンが来週出荷される予定で、政府が年内に2000万回分を提供する方向に向かっている。ワープ・スピード作戦のグスタフ・ペルナ最高執行責任者(COO)が23日に明らかにした。

  ペルナ氏によると、連邦政府は米ファイザーとドイツのビオンテックのワクチン267万回分、モデルナのワクチン200万回分を来週配布する。いずれのワクチンも今月、米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)を与えられた。

  既に1550万回分が米国の州・領土と一部の都市に配分されたとペルナ氏は説明した。

(モンセフ・スラウイ氏のコメントなどを追加して更新します)

©2020 Bloomberg L.P.