(ブルームバーグ): メラニア米大統領夫人の首席補佐官、ステファニー・グリシャム氏が6日、辞任した。大統領選挙でのジョー・バイデン氏の当選を確定する議会手続きへの妨害を図るデモ隊にいらだちを示していたと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  グリシャム氏は辞任について認めたものの、理由についての問いには答えなかった。政権交代前にホワイトハウスのスタッフが去るのは珍しいことではないが、関係者によると同氏は数カ月前から辞任を考えており、今回起きた激しい抗議行動が決定的要因となったという。

  グリシャム氏は昨年4月までホワイトハウスの報道官を務めていた。

米議会が大統領選結果認定を再開−トランプ氏支持者乱入で一時中断後

©2021 Bloomberg L.P.