(ブルームバーグ): ポンペオ米国務長官はクラフト国連大使が台湾を訪問すると発表した。

  ポンペオ長官はまた「香港当局による50人以上の政治家や民主派の逮捕は理不尽な暴力」だとした上で、逮捕された人々の即時保釈を要求。「香港市民へのこの暴力」に関与したあらゆる個人および機関に対し、米国は制裁や他の制限措置を検討するとも指摘した。電子メールで声明を発表した。 

  中国外務省の華春瑩報道官は北京で7日開いた記者会見で米国連大使の訪台計画に触れ、「中国は明瞭かつ一貫して米国と台湾の公的交流に反対している」と語った。

  「中国の内政問題干渉と、利益および2国間関係を損なうことを直ちにやめるよう米国に促す」とし、「中国は主権と安全保障、発展の利益を守るために必要なあらゆる措置を講じる。米国は間違った行いの重い代償を支払うことになる」と話した。

  香港の民主派逮捕について、ラーブ英外相は「権利と自由に対する重大な攻撃」だと非難。カナダのシャンパーニュ外相は香港統治で中国が約束した「一国二制度」を損ねる「新たな悲しい例」だと述べた。

(3段目以降に中国外務省の記者会見と英国・カナダのコメントを追加して更新します)

©2021 Bloomberg L.P.