(ブルームバーグ): 中国は昨年、半導体と半導体製造装置の輸入を大きく増やした。米国のテクノロジー対中禁輸措置拡大から自国を守ろうと対応を強化している。

  中国企業は2020年に半導体製造装置を日本や韓国、台湾などから約320億ドル(約3兆3600億円)相当購入。19年から20%増加となった。ブルームバーグが貿易の公式統計を分析した。

  米国の制裁発動前に華為技術(ファーウェイ)などが半導体を駆け込み購入し在庫を増やしたことから、20年の半導体輸入はほぼ3800億ドルと約14%増え、中国全輸入の18%程度を占めるに至った。

  ギャブカル・ドラゴノミクスのテクノロジーアナリスト、ダン・ワン氏は「短期的に中国は輸入に頼り半導体の製造を進めていく」と指摘。「中国には必要とされる高度な半導体製造装置をつくる能力がまだない。多額の投資を行っているが、成功するには10年以上の取り組みを要するだろう」と述べた。

  中芯国際集成電路製造(SMIC)などの中国半導体メーカーは半導体製造装置の購入を拡大。国際半導体製造装置材料協会(SEMI)が昨年12月に出したリポートによれば、中国は20年に世界最大の半導体製造装置市場となった。

  中国の半導体需要急増で最大級の勝ち組は台湾だ。台湾積体電路製造(TSMC)などの受注が急増し、20年の台湾経済成長率は2.98%と約30年ぶりに中国を上回った。中国は2.3%成長だった。

  米国半導体工業会(SIA)は今年も需要増加が続くと見ており、世界の半導体売り上げが21年に8.4%増えるとの予測を昨年12月に示した。引き続きTSMCや米インテル、韓国のサムスン電子などが恩恵を受けそうだ。

  半導体の国産化を進める中国勢は、東京エレクトロンやオランダのASMLホールディングからの半導体製造装置購入を続けると見込まれている。

©2021 Bloomberg L.P.