(ブルームバーグ): 電気自動車(EV)メーカーの米テスラは3日、中国・上海市に新設した工場でスーパーチャージャー(急速充電器)の生産を始めると発表した。

  テスラにとっては世界最大の人口を擁する中国で、事業を拡大する新たな取り組みとなる。4200万元(約6億8000万円)を投じた工場では最大年1万基を製造する計画。中国は昨年、同社向けに410カ所超の充電ステーションを設けた。

©2021 Bloomberg L.P.