(ブルームバーグ): 暗号資産(仮想通貨)ビットコインがアジア時間帯9日午後の取引で4万8000ドルを初めて突破し、過去最高値を再び更新した。米電気自動車(EV)メーカーのテスラが総額15億ドル(約1580億円)のビットコインへの投資を公表し、同社のEV代金の支払い手段としても受け入れる意向を示したことが、相場を押し上げた。

  ブルームバーグが集計したデータによれば、ビットコインは一時7.9%上昇し、4万8215.83ドルに達した。8日の取引で一時16%高の4万4807ドルを付け、その後も続伸した。8日の取引ではイーサが一時11%上げて最高値を更新し、ライトコインも同様に値上がりするなど、他の暗号資産も軒並み高となった。

仮想通貨ドージコイン、過去最高値を更新−ラッパーもツイート

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は8日の米証券取引委員会(SEC)への届け出で、テスラが暗号資産の購入を可能にする先月の投資方針の改定後にビットコインに投資したことを明らかにした。EV業界をリードする同社の支持は、有力企業からこれまでで最も大きな信認が得られたことを意味する。

  テスラは届け出で、「適用法に従う必要があり当初は限定的な形となるが、当社は製品代金の支払い手段としてビットコインの受け入れを近い将来開始する予定だ」と説明した。今後も随時あるいは長期的に暗号資産を取得・保有する可能性があるとしている。

  NEXO(ネクソ)の共同創業者でマネジングパートナーを務めるアントニ・トレンチェフ氏は「世界一の富豪(マスク氏)が、自らの会社の資金15億ドルをビットコインに配分したことは、暗号資産がどの程度まで法人に受け入れられたか雄弁に物語る」と指摘した。

  OANDA(オアンダ)ヨーロッパのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏も電話取材に対し、「それほどのレベルの資金を一企業が投じたことで、投資可能資産としての評価が大いに高まる」と述べた。同氏は8日のリポートで、テスラのニュースを背景にビットコインが5万ドルをすぐにうかがう可能性があるとの見方を示した。

(最新の相場に差し替え更新します)

©2021 Bloomberg L.P.