(ブルームバーグ): 仮想通貨ビットコインがニューヨーク時間11日午前の取引で過去最高値を更新した。マスターカードとバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)がそれぞれ、顧客の仮想通貨利用を後押しする措置を明らかにした。

  ビットコインは一時7.4%高の4万8364ドルを付け、今週初めに記録した過去最高値を上回った。8日にはテスラが総額15億ドル(約1570億円)のビットコインへの投資を公表したことが買いを誘っていた。

  米決済処理ネットワークのマスターカードは、米ドルなど他資産との交換比率が固定されている「ステーブルコイン」について、決済可能とする方針を発表。10日付のブログ投稿で、同社が新たなデジタル通貨を立ち上げる計画を巡り世界の中央銀行と「積極的にやりとり」していることも明らかにした。

  米銀BNYメロンは11日、機関投資家向けにビットコインを含む一部仮想通貨の保管、移管および発行を手掛ける計画を発表した。それによると、同行はマルチアセットのデジタルカストディー(管理保管)と、従来型およびデジタル資産向けの管理プラットフォームを開発するチームを新設した。

©2021 Bloomberg L.P.