(ブルームバーグ): 記録的な寒波に伴う米テキサス州全域の停電で、オースティン周辺に集積する半導体工場が操業停止となった。既に顧客ニーズに対応できていなかったサプライチェーンにとってさらなる打撃となる。  車載用半導体大手、オランダのNXPセミコンダクターズはオースティン周辺にある2工場の生産を休止したと17日早くに明らかにした。半導体で世界2位の韓国サムスン電子も16日にオースティンの施設で稼働を停止したと発表。車載用半導体大手のドイツのインフィニオンテクノロジーズも、停電でオースティン工場の操業を休止したと説明した。

米テキサス州の電力危機、さらに悪化−経済への影響も拡大

  サムスンは停電の通知を事前に受け取り、機器や生産中のウエハーの保護で適切な措置を講じられたと説明。NXPは全面的な生産再開時に影響を精査できるだろうとし、テキサス以外の全ての製造施設はフル稼働のままだとした。

  レイモンド・ジェームズのアナリストのクリス・カソ氏は、サムスンにとってオースティン工場は比較的古い施設のため、クアルコムといった主要企業の半導体を生産している公算は小さいが、NXPの停電の影響は業界の力学にとってより大きな影響をもたらす可能性があると指摘。「通常なら影響は軽微だろうが、業界全体の大幅な不足やとりわけNXPが自動車向け市場で主要な存在であることを考えると、こうした停電は半導体不足を悪化させるだけだろう」とリポートに記した。

©2021 Bloomberg L.P.