(ブルームバーグ): 米ウォルト・ディズニーは、北米で60余りの直営店を閉鎖する計画だ。これは世界全体の約20%に当たる。同社は電子商取引への集中を進めている。

  ディズニーの現在の直営店数は約300。同社がさまざまな商品の販売方法を試す中で、ここ数年にわたり減少している。

  同社は実店舗依存を減らす取り組みの一環として、自社ウェブサイトをより消費者に使いやすくするとともに、他社の小売店内に小規模店舗をオープンしている。テーマパーク内や他社店舗内を含めると、世界全体の小売り拠点数は約600となる。

  同社は店舗閉鎖で影響を受ける人員の数は明らかにしていない。

©2021 Bloomberg L.P.