(ブルームバーグ):

15日の東京株式相場は5日続伸。米長期金利急上昇への市場の許容度が高まり、景気回復が意識されて相場を押し上げた。首都圏での緊急事態宣言が来週で解除の方向とも伝わり、改めて経済活動の拡大に対する期待から空運や海運などの業種が上昇した。円安推移は自動車など輸出株を押し上げた。

〈きょうのポイント〉

  銀行株が高く、TOPIXを押し上げた。日経平均株価も一時マイナスに転じながら上昇を維持した。日本郵政との資本提携を発表した楽天株が大幅高だった一方、ソフトバンクグループや東京エレクトロン、アドバンテストなど値がさハイテク株は値下がりした

  水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネジャーは、米長期金利はピークを越えてグロース(成長)株への売りが止まったようにみえたとしながら「米FOMCを控えてボラティリティが高まる可能性に警戒した売りが上値を押さえている」と述べた。

東証33業種では海運、空運、銀行、鉄鋼、輸送用機器が上昇率上位情報・通信、電機が下落

©2021 Bloomberg L.P.