(ブルームバーグ):

特許分析を手掛けるシンガポールの新興ソフトウエア企業パットスナップは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2などが参加した最近の資金調達ラウンドで企業評価額が10億ドル(約1090億円)を超えた。

  パットスナップの発表文によると、3億ドルのシリーズE資金調達にはこのほか、テンセント・ホールディングス(騰訊)の投資ファンドや既存出資者のセコイア・チャイナ、順為資本、バーテックス・ベンチャーズが参加。今回調達した資金は製品開発や販売拠点の拡大に使う意向だという。

  米中両国がテクノロジーや科学の分野で互いに優位に立とうと競争する中、パットスナップは研究開発(R&D)投資拡大の恩恵を受けている。2007年に創業した同社のソフトウエアは、世界中で進むイノベーションに関する知見を発明家や研究者に提供する。

  創業者であるジェフリー・ティオン最高経営責任者(CEO)は、「米中貿易戦争は本質的に技術に関するものであり、多くの企業がどこに投資すべきかを知りたがっている」とインタビューで指摘。 「当社は10年余りをかけて140カ国から特許データを収集し、人工知能(AI)を使った洞察力を提供している」と述べた。

©2021 Bloomberg L.P.