(ブルームバーグ): 暗号資産(仮想通貨)の時価総額合計が約2カ月で倍増し、初めて2兆ドル(220兆円)を超えた。機関投資家の需要急増が背景にある。

  コインゲッコーが追跡する6600余りの仮想通貨の中で最大規模のビットコインは単独で1兆ドルを超えた。ビットコインの価格は年初来で2倍強に急伸している。時価総額で2位から6位のイーサ、バイナンスコイン、ポルカドット、テザー、カルダノの合計時価総額は約4220億ドル。

  金利がゼロに近い状況にある中、機関投資家はリターン向上手段として仮想通貨に参入。テスラは10億ドルをビットコインに投資し、同社製電気自動車の代金支払い手段として受け入れ始めた。モルガン・スタンレーは富裕層顧客の一部に対し、ポートフォリオへのビットコイン追加を容認する方針で、マスターカードやペイパルといった企業もビットコイン受け入れのための措置を講じている。

  グレースケール・インベストメンツが自社で運用する世界最大の仮想通貨トラストを上場投資信託(ETF)に転換する意向を表明したことから、ビットコインは5日に上昇した。

©2021 Bloomberg L.P.