(ブルームバーグ): 初のビットコイン上場投資信託(ETF)である「パーパス・ビットコインETF(BTCC)は、上場後2カ月未満で資産が10億ドル(約1100億円)を突破した。発行会社であるカナダのパーパス・インベストメンツが発表した。

  同社によると、暗号資産(仮想通貨)へのエクスポージャーを望む投資家は多く、特にETF形式に高い関心が寄せられている。欧州には事実上のETFである仮想通貨ファンドが幾つかあるが、正式にETFと分類されるものはBTCCが初めて。

  2月の上場初日には1億6500万ドル以上の取引があり、比較的小規模なカナダのETF市場としては高い水準だった。

  ヴァンエック・アソシエイツやウィズダムツリー・インベストメンツなど少なくとも8社が現在、米国初のビットコインETFを発行するため競い合っているが、米証券取引委員会(SEC)は承認を控えている。

©2021 Bloomberg L.P.