(ブルームバーグ):

14日の北米市場で暗号資産(仮想通貨)関連株が大幅下落した。ビットコイン価格の下落やこの日にナスダック市場に上場した暗号資産交換業者コインベース・グローバルの終値が初値から14%安となったことが響いた。

コインベース上場、時価総額1000億ドル超−株価は急伸後に下落

  ビットコインは一時6万4869.77ドルまで上げた後、ニューヨーク時間午後4時(日本時間15日午前5時)時点で6万2000ドル前後で推移している。

  米国・カナダ市場ではマラソン・デジタル・ホールディングスの終値が16%安と2月23日以来の大幅下落、ギャラクシー・デジタル・ホールディングスが16%安、ライオット・ブロックチェーンが15%安、シルバーゲート・キャピタルが15%安、マイクロストラテジーが13%安、イーバン・インターナショナル・ホールディングスが7.9%安、NXT−IDが7.3%安、カナンの米国預託証券(ADR)が7.1%安。

  ウェドブッシュのアナリスト、ダン・アイブス氏はコインベースの上場が仮想通貨業界の「転機のイベント」になる可能性があると指摘した。

©2021 Bloomberg L.P.