(ブルームバーグ): 中国の製造業活動を測る購買担当者指数(PMI)が4月は低下した。サービス業のPMIも軟化し、経済の持ち直しが続いているものの、回復ペースの鈍化が示唆された。

  国家統計局が30日発表した4月の製造業PMIは51.1。3月は51.9だった。ブルームバーグがエコノミストを対象に実施した調査の予想中央値(51.8)も下回った。

  4月の非製造業PMIは54.9に低下。建設業とサービス業の活動を示す同PMIのエコノミスト予想は56.1だった。活動拡大・縮小の境目は50。

  小売売上高が増え、工業生産の伸びが鈍る中で、中国経済は1−3月(第1四半期)に一段とバランスの取れた成長となったが、直近のPMIを受け景気に対する一段と慎重な見方が強まりそうだ。

半導体不足

  国家統計局の趙慶河エコノミストは声明で、PMIの数値は「中国経済の着実な回復の継続」を示しているが、「調査した企業の一部は、半導体不足や国際的な物流環境、コンテナ船不足などの問題を挙げた。運賃上昇はなお深刻だ」とコメント。製造業需給の鈍化とコスト圧力の増大も問題だと指摘した。

  製造業の新規輸出受注指数4月に50.4と、前月の51.2から低下。新規受注は52となった。雇用指数は製造業が49.6、非製造業は48.7。

  中国の財新伝媒が同日発表した4月の製造業PMIは51.9と今年最も高くなった。予想の50.9を上回り、前月の50.6から上昇した。

  財新とIHSマークイットは発表資料で、製造業需給の大幅な拡大に支えられており、「景気回復と新型コロナウイルスの抑制を製造業は引き続き確信している」と説明した。政府の調査は比較的大手の国有企業が対象だが、財新の調査はより小さな企業を重視している。

(国家統計局のコメントと財新PMIを追加して更新します)

©2021 Bloomberg L.P.