(ブルームバーグ): 商品ブームと言われているにもかかわらず、一部の商品相場は今年の上げを既に吐き出し、今後そうなりそうな市場も幾つかある。

  シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆先物相場は2021年に入ってからの上昇分を失い、5月に付けた8年ぶり高値から約20%安。トウモロコシと小麦も数年ぶりの高値から下げに転じている。ブルームバーグ穀物スポット・サブ指数は17日、09年以来最大の下落率となった。白金も年初からの上げを消し、一時急伸していたニッケルや砂糖、材木も失速した。

FOMC前にインフレ懸念一過か、銅やトウモロコシなどが上昇一服

  今週は一部の商品市場にとって、中国のインフレ抑制に向けた取り組みに加え、米金融当局が想定より早期の利上げ開始を示唆したことが打撃となった。ドルが上昇する中、ブルームバーグ商品指数は週間ベースで新型コロナウイルス禍が始まって以来の大幅な下げとなりそうだ。

中国政府、国有企業に国外の商品エクスポージャー抑制命じる−関係者

  ストーンXグループで金属・バルク材のヘッジファンド営業責任者を務めるマイケル・クオコ氏は「過去数週間にわたる中国政府主導の抑制策に、米金融当局のタカ派的メッセージが重なり、リスクオフの動きが中心となっている」と分析した。

  その一方で、原油やスズなどはなお上げを維持しており、経済の再開・再拡大への反応にばらつきがあることを浮き彫りにしている。  

  ただ、経済再開で間違いなく恩恵を受けるとの観測が追い風となっているセクターでさえ一部は下落。銅はこのままいけば週間ベースで約1年ぶりの大幅安となる。ブルームバーグ商品指数が数年ぶりの高値に達した後、多くの原材料相場がクールダウンしつつある。

  16日に1年ぶりの高い伸びとなったブルームバーグ・ドル・スポット指数は17日も上昇。他の通貨を保有する投資家にとって、商品の魅力は低下している。

©2021 Bloomberg L.P.