(ブルームバーグ): 日本銀行の黒田東彦総裁は18日、新たに導入する金融機関の気候変動対応投融資をバックファイナンスする新たな資金供給制度について、金融機関の投融資拡大が見込めるとの見方を示した。決定会合後に記者会見した。

  金融機関が気候投融資拡大するため、企業ニーズにも合うとみている。物価安定を通じ、経済の健全発展に資するとも語った。

  新制度は7月会合で骨子を公表し、年内をめどに実施する。

  黒田総裁はグリーンボンドについては、現在の社債購入の中でも買い入れをしていると説明。特別に多く買い入れるなどの方法は「将来も排除することではない」としたものの、今回は金融機関の投融資を支援する手法を選んだと述べた。  

他の発言

一時的要因除けばCPIはプラス幅拡大、好ましいこと外需増加など日本経済にプラス面大きい-一次産品価格上昇米連邦準備制度理事会(FRB)との金融政策の違い、国の状況の違いであり当然ワクチン接種進むと対面サービス回復は早くなる可能性日本経済全体として前よりも明るい見通しに向かっている日銀のETF保有が日本の企業統治にマイナスの影響とは考えない米景気好調でテーパリングなら円高よりもドル高の可能性

(黒田総裁の発言を追加して更新しました)

©2021 Bloomberg L.P.