(ブルームバーグ): ハイチのジョブネル・モイーズ大統領(53)が首都ポルトープランスの自宅で正体不明の集団に暗殺された。ジョゼフ暫定首相が明らかにした。

  同暫定首相の声明によると、「残忍な」襲撃で大統領夫人は負傷し、病院に搬送された。声明は在カナダのハイチ大使館が7日午前に発表した。

  襲撃者の集団にはスペイン語を話す者がいたと暫定首相は述べ、外国人だったことを示唆した。声明によると、同国の警察当局は治安維持活動に当たっている。一部地域では商店が荒らされたとAP通信は報じた。

  ハイチは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に加え、選挙の混乱に端を発した権力闘争で政情不安に陥っている。モイーズ氏の大統領就任は、同選挙の初回投票から1年3カ月後まで実現しなかった。この結果、モイーズ氏は2022年3月までの5年間が任期だと認識する一方、野党は昨年2月に任期は終了したと主張し、対立が鮮明化している。

(暫定首相の声明内容や背景を追加します)

©2021 Bloomberg L.P.