(ブルームバーグ): 暗号資産(仮想通貨)ビットコインはアジア時間26日午前の取引で週末からの上げ幅を拡大し、一時4万ドルをうかがう展開となった。

  ビットコインは一時15%高の3万9681ドルの高値を付けたがその後軟化し、香港時間午前9時13分(日本時間同10時13分)時点では3万8100ドル前後で取引された。週末24日の取引では、5月12日以降で初めて重要なテクニカル水準である50日移動平均を上回り、25日まで5日続伸していた。

  上場投資信託(ETF)運用会社アーク・インベストメント・マネジメントの創業者で最高経営責任者(CEO)のキャシー・ウッド氏と、米テスラのイーロン・マスクCEOの先週の発言が、週末にかけて相場を後押しした。

  マスク氏はビットコインの成功を望んでおり、自らCEOを務めるスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)も一定額を保有していると21日の会議で語った。ウッド氏はビットコインをバランスシートに加えることを企業は検討すべきだと発言し、スクエアのジャック・ドーシーCEOもビットコインには回復力があると述べた。

  

(最新の相場を追加して更新します)

©2021 Bloomberg L.P.