(ブルームバーグ): 米アルファベット傘下のグーグルは従業員のオフィス復帰の期日を10月に延期し、オフィス勤務の従業員に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付ける。変異株感染急拡大への懸念を理由に挙げている。スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)から従業員への通知が28日、同社ブログに掲載された。

  それによるとグーグルは従業員の大半に対し、10月18日からのオフィス復帰を求める。これまでは9月を期日としていた。自らの居住地域で変異株感染者が増加していることを受け、オフィス復帰に不安を抱く従業員が多いことを同社は認識していると、ピチャイCEOは説明した。

  同社はまた、オフィスで勤務する従業員全員にワクチン接種を義務付ける方針を表明。この方針はまず米国で数週間以内に実施し、向こう数カ月で他地域に拡大するとしている。

アップル、オフィス復帰を早くても10月まで延期−関係者 (1)

©2021 Bloomberg L.P.