(ブルームバーグ):

アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏は、動画ストリーミング機器・ソフトウエア開発を手掛けるロクについて、ほんの2週間前まで最も推奨する銘柄の一つに挙げていた。その一方で、アークは保有するロク株を1カ月にわたり売り続けていた。

  ブルームバーグの算出によると、アークは28日にロク株を4万7200株売却。6月30日以降に売却したロク株はこれで、合計約52万株となった。

  28日終値で計算すると、これは2億4300万ドル(約266億円)相当に上る。

  ロク株は5月に付けた年初来安値から69%上昇している。アークはロク株売却で、他の標的に投資する資金を調達しようとした可能性がある。ブルームバーグがまとめたデータによると、ロクは引き続きアークの投資先上位にあり、旗艦上場投資信託(ETF)「アーク・イノベーションETF(ARKK)」 の6.5%を占める。

  ウッド氏が声高に支持を唱えていたことを考えれば、この売りは一部の市場参加者には驚きかもしれない。同氏は7月半ばにCNBCとのインタビューで、在宅関連の勝ち組を売るのは間違いだと述べていた。

  アークの広報担当者はコメントの要請に応じていない。

©2021 Bloomberg L.P.