(ブルームバーグ): 香港経済の4−6月(第2四半期)は予想を若干下回る成長となった。政府は週末に商品券の配布を始め、景気の底上げを狙う。

  30日発表された4−6月の域内総生産(GDP)は前年同期比7.5%増。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査の予想中央値は7.8%増だった。1−3月(第1四半期)のGDPは8%増(修正値)。4−6月のGDPは前期比で1%減と、予想の0.8%減より大きな落ち込みとなった。

  政府は景気浮揚策として、18歳以上の市民に1人当たり5000香港ドル(約7万円)の電子商品券を支給する。

©2021 Bloomberg L.P.