(ブルームバーグ):

26日の米国株式相場は反落。アフガニスタンで起きた爆発を受けて、市場は慎重な展開に変わった。カンザスシティー連銀が主催する年次シンポジウムを翌日に控え、トレーダーらは景気刺激措置の巻き戻しに関する手掛かりを待っている。

  アフガニスタンの首都カブールで爆発が起き米国人を含む死傷者が出たことを受け、S&P500種株価指数とナスダック100指数は下げ足を速めた。これより先、米連邦公開市場委員会(FOMC)で議決権を持たない当局者から、米金融当局が資産購入プログラムを縮小し始める時期を巡りタカ派的なコメントが相次いだ。セクター別では原油安を背景にエネルギー株が特に下げた。米国債利回りはほぼ変わらず。ドルは上昇した。

  S&P500種の終値は前日比0.6%下げて4470.00。ダウ工業株30種平均は192.38ドル(0.5%)安い35213.12ドル。ナスダック総合指数は0.6%下落した。

  パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演で資産購入の段階的縮小(テーパリング)に関する明確な示唆が与えられるかどうか、市場の見解は二分されている。経済の回復が続きインフレが押し上げられている現状は、政策正常化に着手する論拠を与える一方で、新型コロナウイルスのデルタ変異株が急速に流行し、一部で想定していたよりも回復ペースが遅くなる恐れがある。

  サスケハナ・インターナショナル・グループのデリバティブ戦略共同責任者、クリス・マーフィー氏は「カブールの空港近くで爆発があったというニュースは、午前の取引である程度ボラティリティーを高めた。一方でジャクソンホール会合は大きな材料にならなさそうだとの見方で市場は一致している。テーパリングについての重大発表は今年のもっと遅い時期になるとの予想が、投資家の間で優勢になっている」と述べた。

  テーパリング発表の時期に関してパウエル議長がヒントを与えなかった場合、市場の関心は8月の米雇用統計に一斉に向けられると、インディペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザカレリ氏は指摘する。この日発表された先週の新規失業保険申請件数と、4−6月(第2四半期)の米実質国内総生産(GDP)はいずれも予想より若干弱かった。

  米国債相場は午後の取引で下げを埋める展開となった。ジャクソンホール会合を控えていることから、アフガニスタンの爆発を受けたリスク敬遠ムードはさほど強くない。

  ニューヨーク時間午後4時43分現在、10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満上昇の1.35%。午前の取引では一時、1.373%まで上昇していた。

  外国為替市場ではドルが主要10通貨のすべてに対して上昇し、ドル指数はじりじりと水準を切り上げた。27日に予定されているパウエル議長の講演を待つ展開。原油安を背景にカナダ・ドルが特に下げた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。ドルは対円で4銭(0.1%未満)高い1ドル=110円06銭。ユーロは対ドルで0.2%下げて1.1752ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は4営業日ぶりに下落。米金融当局がジャクソンホール会合で資産購入の縮小に関して示すとみられる手掛かりを待つ展開となった。資産購入縮小は原油を含む商品にとって弱材料と捉えられている。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は、前日比94セント(1.4%)安の1バレル=67.42ドルで終了。過去3営業日には合計10%近く上昇していた。ロンドンICEの北海ブレント10月限は1.18ドル安の71.07ドル。

  ニューヨーク金先物相場は小幅上昇。ジャクソンホール会合の開始を控え、日中はもみ合いの展開となった。投資家は米金融当局による資産購入の縮小計画に関する一段の手掛かりを待っており、27日のパウエル議長の講演に注目している。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.2%高の1オンス=1795.20ドルで終了した。金スポット相場はニューヨーク時間午後1時59分現在、0.1%未満上げて1791.70ドル。一時は0.4%上昇する場面もあった。

Treasuries Climb, Curve Flattens as Stocks Drop Late in Day(抜粋)

Dollar Climbs on Resurgent Risk Sentiment: Inside G-10(抜粋)

Oil Snaps Rally as Investors Eye Federal Reserve Tapering(抜粋)

Gold Swings, Copper Slips as Investors Await Powell’s Speech(抜粋)

 

(相場を更新し、第6−7段落に市場関係者の見方を加えます)

©2021 Bloomberg L.P.